読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDの話(2)できることとできないことの差が激しすぎる

仕事をしている上で、私はできることとできないことの差が激しすぎるのでは…?と思っていたのだけど、できないことの多くはADHDの特性と一致するものだ、とは最近気がついた。

電話がきけない

一番、できなさがはっきりわかるのがこれ。正確には、電話をしている時に、聞こえる距離で声を出されると、一瞬で電話の相手が何を言っているのかわからなくなる。
私が取引先のAさんと電話をしていて、隣の席の人から「次、こっちにも代わって」とか言われるのが苦手。それはもちろんなのだけど、Aさんと電話をしていて、近くでBさんとCさんが全く関係のない話をしていてもパニックになる。BさんとCさんの会話はもちろん、Aさんも何を言っているかわからなくなるし、私もAさんに何を言っているかわからない。
最近は、左の耳で電話をするときは、右の耳をふさいでいる。こうすれば頭には電話の音しか入ってこない(物理!)。
色々な情報が入ってくるなかでも、自分にとって重要な情報を無意識に選択して取り入れられるというのは、カクテルパーティー効果というらしいけど、私にはカクテルパーティー効果というのが皆無であった。

一度に複数のことができない

複数のことができない、というか、覚えておけない。何かやっている最中に、話しかけられたり、電話がかかってきたりすると、頭がパニックになり、前のことはすっかり忘れてしまう。午前中に準備した郵便物も、夕方になると出すのを忘れてしまう。仕事の話をしていても、1つ話をして、2つ目、3つ目の話になると、1つ目の話の内容は頭に残っていない。なので私はすべてメモをとっていて、よくメモをとるね、といわれる。短期記憶とは一体…。
一方で、何かしていると、あれもやっておかなきゃとか、色々なことが頭に浮かんでくる。
こういうときは紙に全部書き出して(誰に電話とか、メールの返信とか、荷物の発送とか)、紙を見ながら順番にやることにしている。

段取りができない

仕事の上でいちばん困るのがこれ、私は段取りができない。各所に依頼し、手配し、まとめて期日までに納品、みたいな仕事をしているので、段取りができないというのは致命的である。
具体的なタスクに落としこんでしまえば、それに集中してやればよいのだけど、タスクに落としこむまで、つまり、最終的な納品のためには最初にこれをやって、次にこれをやって、この発注は先にしておいて…みたいなことが苦手。
段取りができないので、それを他の能力とか、時間でカバーしている。タスクに落としこめたあととか、好きなことに対する集中力ならそこそこあると思っているのだけど、段取りがうまくできればもっと効率よく進むのにな…と思っている。

しっかりしていると思われている

注意欠陥な私だけど、仕事では比較的、しっかりした人のように思われることが多い。
というのも、油断していると忘れ物も多いし、全然しっかりできないので、仕事ではとくにきっちりやらないといけないと思ってるのだ。たとえばはじめてのことで、これくらいかな、と思う力の入れ具合でやっていたことが、全然達していなかった、という経験が何度かある。もとめられるレベルがわかればそれに合わせることはできるのだけど、とにかく人ができることができないので、適正な基準値がわからない、のだと思っている。
そういうわけで、仕事では一見、しっかりした人だと思われるのだけど、本当は忘れ物がないように、時間に遅れないように、ミスをしないように、すごく頑張っている。でも普通の人には、すごく頑張らなくてもできることなのだな…とは思う。(続きます)